Friday, April 29, 2016

Sociedades En Tetra Brik - Un Lugar Donde Arder

Tuesday, April 12, 2016

第9回 NGP アンデパンダン展


NGP Salon des artistes independants(略称:NGP Foto、代表:金子龍玄)は、2016年5月10日(火)より5月15日(日)まで、写真、絵画、イラスト等によるグループ展「第9回 NGP アンデパンダン展」を、アートコンプレックス・センター・オブ・東京(所在地:東京都新宿区)で開催します。


<本グループ展について>
1884年にパリで開催された無鑑査・無褒章・自由出品の美術展に端を発する「アンデパンダン展」は、その後各国の美術界に影響を与え、日本でもその名を冠した展覧会が開催されています。本展は、NGP Fotoが主催する、写真、絵画、イラスト等平面アートを対象とするアンデパンダン展です。

人と人の不思議な縁に導かれて集まったアーティストたちが、各々独立したアーティストとして自由に制作した作品を展示します。アンデパンダンの精神を宿した38名のアーティストによる個性豊かな作品群を、是非会場で御覧ください。

【開催概要】
開催期間: 2016年5月10日(火)~5月15日(日)
開館時間: 11:00-20:00(最終日は18:00まで)
会場:アートコンプレックス・センター・オブ・東京
(住所:東京都新宿区大京町12-9)
アクセス:東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分
     JR総武線「信濃町」駅より徒歩7分
     http://www.gallerycomplex.com/access/index.html
入場料: 無料

お問い合わせ先:NGP Salon des artistes independants
URL : https://www.facebook.com/ngpindependants


■出展作家:
☆写真☆
Jean Michel Kaneko / osamu yamanaka / 鈴北 空也 / Ryo.Y / 木馬工房 / MIURA KANEHISA / ばくれつ / 水藤 直人 /
森山嘉久 / ヨシモトシンイチ / 森田 篤 / 新橋 克裕 / 濱田 晃弘 / はまかいじ / 港の爆音屋 / 松野仁 / 山口 徹 / 
イタガキシュウセイ ( niji ) / 舩橋 直世 / 山内 雅人 / 川田めぐみ / 北尾 辰也 / 松井 哲也 / 佐藤広昭 / 那須 潔 / 
能見孝一 / おおのこうじ / くまま隊長 / 雲海 / 結実華 / Keiko Morita / 山下圭介 / 寺師 義和 / 岩本太陽 / 宮やす / 
唐 亨 / rikutsu / howdygoto × SCARA / 久間カイチ / 山根寛明 / 角南 敬 / 高野 日出海 / 深沢 久美 / 堀江 崇 / 飯田 夏生実 / 

☆絵画☆
七海れいん / 酒井崇 / 孤蝶 / Fuck'n'Jack (Tetsuya Fukui, SeieiJack) / 

☆ヘナアート☆
高橋麻美

以上50名、敬称略 

Friday, March 04, 2016

Core:Back Records

COREBACK RECORDS (Core:Back Records 2004-2011) is a legendary experimental cyberpunk DIY label , had been run by Mansha based in France. They have had a lot of musical experimental works at cyberspace. A part of cult musician was involved in this label.

Wednesday, February 24, 2016

A BOOK ABOUT DEATH


A BOOK ABOUT DEATH : ARTISTS CONTRIBUTE 500 POST CARDS EACH TO CREATE AN UNBOUND BOOK ABOUT DEATH. EXHIBITION AT THE EMILY HARVEY FOUNDATION GALLERY IN NEW YORK CITY. OPENING: THURSDAY 10 SEPTEMBER 2009. EXHIBITION: 10 - 22 SEPTEMBER 2009. TUES - SAT 1 PM - 7PM.


Thursday, February 11, 2016

SNR 1050 VA Kuschelnoise 005

Various – Kuschelnoise 005
レーベル:
Shit Noise Records – SNR 1050
シリーズ:
Kuschelnoise – 005
フォーマット:
CDr, Compilation 
国・地域:
Germany
リリース済み:
11 Feb 2016
ジャンル:
Electronic, Rock
スタイル:
Noise




収録曲 
1

Amyer Waad Deed Cholt

Never Updated Me Again
3:29

2

Model For Assembl

Cardiokrishna
2:44

3

A Legion Of Pigs & DJ Kaos 

A Presence
1:34

4

Sunblock Bukkake

Fu Girl Goes Beast Mode
1:39

5

Oral VS Anal VS Murder

If Jean-Paul Sartre Listened To Deftones, Saturday Night Wrist Would Probably Be His Favorite Album
2:55

6

Scorpion Sound Source

Castrated Bimbo
2:18

7

Carnival Sam

This Compilation CDr Is Actually A Mistagged Bootleg of Eye II Eye By Scorpions
0:39

8

Foltergeist

Memento Moriendum Esse
3:35

9

Painful Defecation

Desastre Direct
3:05

10

Infinity Of 6

"4sook/100% DEVIL" my bad!
2:25

11

Mean Flow

Inside View
4:00

12

Dr. NoiseM

Dead Horse
2:59

13

SRVTR

Grain de Sable
1:58

14

Harsh Manifesto

Nuclear World
2:12

15

Mince Splatters

Intermediary Exploitation
0:59

16

Bukkake Tech

Fellatio Master
3:03

17

Dead Nature

The Mist Embraced Your Body Towards The Trees
3:11

18

Ligyrophobia

Fracture
2:32

19

Headcleaner

Humbugg
3:30

20

I Porno You

Y
3:23

21

Schmerz Und Erlösung

Waitingforsa
4:05

22

Filthfull

Duster
2:03

23

Rezeegtnuk

8track
(2:57)

23.1
Intro

23.2
Oil Tank

23.3
Smut Machines

23.4
Hug

23.5
Bushwacker

23.6
Swing

23.7
Banker

23.8
Outro

24

Seiei Jack

The Clash Of Civilizations
3:51

25

Painburn

2016
6:58

26

BRTLMJ MCHL GRCK

Antylopa
1:50

27

To-Bo

Shit Off Genug Gekuschelt
1:47


Wednesday, February 10, 2016

Fuck'n'Jack 今年、奴等が帰ってくるとの噂です!

Fuck'n'Jack (ファックンジャック):
1986年にTetsuya FukuiとSeieiJackによって結成されたパフォーマンスユニット。
共に独自の音楽レーベルを運営し、先鋭的な活動を行っていたが、84年にお互いのレーベルの企画に参加するなど交流が始まる。
音楽作品は海外リリースを含め多数。国内外のメールアート展にも出品多数。
代表作にヴィデオ・アート「ライブイントイレット」・「スリッパイズマイライフ」(前者は多摩美のトイレで行われたゲリラライヴをベースにしたもの)
パフォーマンス「アフリカ」(東京都美術館)・「アートテロ」(上野公園周辺)・「ノイズ」(西武八王子)などがある。
パフォーマンス「レクチャー」より
パフォーマンス「ノイズ」終演後
パフォーマンス「スリッパイズマイライフ」より

TJP Virtual Gallery

サイバー空間に開設された新しいタイプのギャラリー。4月から展示を開始する。